強さ

2011/03/30 Wed 21:05


昨日、布団の中でもやもやと考えていたこと。

忘れないように携帯にメモったこと↓読みにくいかもだけど

++++++++++++++++++++++

被災地の大変さ

津波で奪われたもの
悲しみから立ち上がる
少しずつでも前へ
でも無理しないで
悲しいときは悲しい辛い
少しずつ時間をかけて、気持ちが落ち着いてきたら自然と前へ歩ける

まだまだ辛い現状
出来るだけ私は見たい
TVでだけど
自然の恐ろしさ、怖さ、辛さ、人々の前向く強さ

一方いまだ収束しない原発問題
進行形の原発事故
屋内退避の人々の生活

計画停電いつまで
こんな状態で今までのような経済活動できるの

液状化した町
傾いた家

今までのようにはいかない
これからの社会生活、どんな風になるのか


色々なことが今までのようにいかなくなる
変えていかなくちゃ
そう
皆で変えるんだ
前向きに


++++++++++++++++++++++

色々な問題とかあるけど、人って結構強い生き物です。

踏ん張っていきましょ

でも無理にじゃなくて、自然と気持ちが落ち着いてきたらでいんだと思う

精神論ばかりで申し訳ないが、私はそう思います。
クロック日々の出来事 | コメント(2) | トラックバック(0)

ぴりぴりしてる

2011/03/28 Mon 08:35

ロックとは関係のないお話。



こんな時だからだろうか

ブログやコメントやつぶやきなどに対して、発する側も受け取る側も過敏に反応してしまうのかもしれない。

貴重な意見だなと思っていても、削除されてしまったり非公開になってしまったりするのを見かける。

やはり皆言葉を発するのも神経尖らせてピリピリしてるのだろう。



放射線のニュースがあってから、鳥に与える水について気になって、色々な動物病院のサイト見たりしてました。

その中で水問題のこと以外にも鳥の病気のことについてもたくさん勉強させていただいてます。
今更ながら色々勉強(^_^;)




色々な情報に溢れてるこのネット社会において、どの情報が正しいとか間違ってるとか自分で判断するのって難しい。


なので皆ますます慎重になってくる
疑心暗鬼。
不安の連鎖


自分が何を信じるか

とゆうより最終的には、自分自身を信じれるかどうか。
クロック日々の出来事 | コメント(2) | トラックバック(0)
今朝の放鳥中、ロックに申し訳ないことをしてしまいました。
SN3O04060001.jpg
わかりますか?鼻穴の間のところ、赤くなってます。
出血はしてないけど内出血みたいになってしまってます
SN3O0406.jpg

実は、私がふざけてしまってロックに痛い思いをさせてしまったんです。

最近、私は部屋着に紫色のパーカーを着ていました。
パーカーを着て、普通にロックのお世話をしていてもロックは全然平気なんですが、私がこのフードをかぶると、ロックは凄い怖いみたいで、パニックになって暴れるんです。

それ以来フードかぶらないようにしていたんですけど、今朝は軽く脅かすつもりでちょっとフードをかぶってロックの前に行ったら、凄い勢いで壁に激突。窓に激突。

大変大変!!「ゴメンロック~!」

直後は何も怪我はなさそうだと安心して、

その後しばらくマッタリとこんな↓写真を撮ってのんびり構えてたら・・・
SN3O0400.jpg
よくよく見たら、鼻の間が赤くなってたんです!!!(>_<;) 

あぁ、もうホントにゴメンね~ロック~~。
痛かったよね・・・(T_T)

もうふざけてこんなことしません

SN3O0405.jpg

紫色のパーカーは、もうロックの前では着ないようにします・・・。
他の色のパーカーのフードをかぶっても怖がらないんですけどね。。。紫色が怖いんでしょうね。


それからロックの様子を何度か見ていますが、本人はいたって元気そう。
鼻穴の間は内出血ではなく、擦り切れたみたいです。ちっちゃいかさぶたみたいになってます。

このまま完治するといいな。。。




もしロックの調子が悪いようだったら、病院に行こうと思って、「そういえば、この震災で動物病院の方もどうなってるのかな」と気になって盛岡にあるかかりつけの動物病院のHP見てみました。

HPリニューアルされてて、情報が細かく載っててありがたいと思いました。
それによると、13日ライフラインが復旧したらすぐ診療再開されてるようです。
被災地からもペットを連れて来院されてる方もいるようです。

院長さんのコラムにあったお話なんですが、
地震から1週間ほど後、沿岸の方から病院の方に電話があったそうです。
その方によると、11日地震直後の津波で、鳥を連れて逃げる余裕もなくそのまま置いて逃げたそうです。
車も流され家も壊れたらしいですが、水が引いて戻ると鳥たちは無事だったそうです。
鳥カゴまで水がいかなかったようで、元気にピーピー鳴いてたそう。

良かったですね~。




そういえば、テレビで被災地でのペットのことをちらっとやっていました。

避難所に連れて行けず、動物病院に託されたワンちゃん。
飼い主が亡くなってしまったコンゴウインコちゃん・・・。

このようなペットもたくさん居るようで、辛いですね。

私も、何かできればいいのだけど・・・。




ロックの日々 | コメント(2) | トラックバック(0)

水道水について

2011/03/25 Fri 11:23

各地の水道水から放射性ヨウ素が検出されたことに関して、飼ってる鳥に水道水を与えても大丈夫か不安に思われてる方も多いのではないでしょうか。

私も少々気にしていました。


東京の豪徳寺にある、有名な鳥専門病院『鳥と小動物の病院 リトルバード』の院長先生が書かれてるブログ『Little Bird News』にて、そのことについて書かれていました。

水道水から検出された放射線について(3月23日)

今のところ、健康な成鳥に水道水与えても問題なさそうですね。

「鳥は体が小さいので心配」と思っていましたが「その分飲む量も少ない」とゆう先生の言葉に、妙に納得してしまいました。

とりあえず、落ち着いて状況を見守っていきたいですね。
クロック日々の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)

皆からの癒し

2011/03/24 Thu 17:44

原発問題や買占め問題、燃料不足、物資不足、被災地や福島の屋内退避されてる方々の生活・・・。
たくさんの問題に溢れてる。

なんだか皆殺伐とした雰囲気も漂ってる。

皆不安でいっぱいなんだよね。



それでも、どうにかしてこの苦難を乗り越えようと必死な人達がいる。

そんな人達の笑顔から、逆にこちらが励まされてしまう。
強いんだな・・・。

いや、強くならないとならないほど辛い状況にあっているのだろう。



不安でしょうがないのはどうしようもない。
でも立ち上がらなきゃ。前向きに。
不安だろうけど、冷静に。大丈夫。

きっと大丈夫です。




5歳の姪っ子も、癒しをくれます。
地震発生してから、なんだかどうしても私は気分が上がらずにいましたが、姪っ子のわざとらしいオバサンくさい話し方(多分ママやおばあちゃんの真似)に、初めて自分が笑顔になった気がしました。

私が食器の洗い物をしてると、「水が出ないで大変なひとたちがいるからあまり水を無駄遣いしちゃダメだよ」と教えてくれました。


ロックも癒しをくれますよ。
今日はなんだか正面顔をたくさん撮らせてくれました。
SN3O0385-s.jpg

もふもふ部分
SN3O0391-s.jpg

カキカキしつつも目線は外さない!
SN3O0388-s.jpg

凛々しいお顔。
写真小さいのでわかりづらいですが、マツゲがパッチリです
SN3O0393-s.jpg
地震があってから、ロックも何かを感じ取ってるのでしょう。

側に居たがります。
ヘリの音もたくさんしてるからね。怖いのかも



さきほどこちらで地震がありました。
沿岸の方、津波大丈夫かな・・・
ロックの日々 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »