かっこよさと可愛さ

2011/10/30 Sun 16:13

ロックの飛行シーン再び。

朝の放鳥時、体重計測でロックの体を掴むので、ロックは私の手は基本的に嫌い。
なので、体重測定の後は、早々と私の手から飛び立つのです。
よく考えたら、その瞬間を撮影すればいいじゃん!と思い立った次第です。

私の手からの逃避行ならぬ逃飛行?の動画です↓


キレイに、物を避けて飛ぶ様が素敵!

一番好きな飛ぶシーンの角度は、ロックを見上げる形で見ながら、飛び立つ瞬間。
アレを見ちゃうともうロックファンを止められなくなっちゃいます。ってかなり親ばかでゴメンナサイ^^;


さてここからは、今回撮れたロックの面白写真たちです↓

手は好きじゃないけれど、指を出すとチョコンと乗っけるロック
SN3O1005-1.jpg

久しぶりに撮れたオチリ
SN3O1010-1.jpg

カキカキ中の瞬き
SN3O1007.jpg

撮ってる私は気づかなかったのですが、舌をペロッとしていたロック
SN3O1013.jpg

見つめ合うロックとクロック
SN3O1012-1.jpg
そりゃもう熱い視線で見つめましたよ。
ロックに果たしてちゃんと私が見えているのかは分かりませんが・・・^^;
ロックの動画 | コメント(2) | トラックバック(0)
10月29日に観た劇場映画です。

未来を生きる君たちへ - goo 映画

SN3O1104.jpg
今年度のアカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞したとゆうことで観に行きました。

アフリカの難民キャンプで医師として働く父アントンと、デンマークに住む長男エリアスの2人を軸に話は進む。
2つの全く異なる国でのお話だけれど、テーマは同じ「赦し」と「復讐」
アントンは暴力や病気に苦しむ人々を、精一杯自分の出来る限りの力で治療にあたる毎日を送っていた。
そんな中、妊婦の腹を切り裂いて男か女かを確かめる「ビッグマン」とゆう悪党が怪我をしてキャンプに運ばれてくる・・・。アントンはその男を助けるのか・・・?
一方デンマークでは、エリアスは学校で執拗ないじめに遭っていた。そんなある日、クリスチャンとゆう転校生がエリアスのクラスにやってきてから状況は変わっていく。クリスチャンは母親を病気で亡くし心を閉ざしている少年だった。

例えば、暴力を受けたら仕返しをするか?
どうでしょう・・・。殴り返したいのは当然の気持ちだけど、殴らないのが本当の強さなのか?
人間は神じゃない。たった一言の言葉で深く傷つき怒りを覚えることだってある。
そこで、果たして赦せるだろうか・・・?

正直、父親アントンの行動はとても共感できました。(浮気は除くけど)
ただ正義すぎて、いい親すぎる気もしました。でも、まぁいいのかな。
エリアスの友達クリスチャンの暴走は少々いきすぎな気もします。そこまで復讐にかりたてるのは何故なのか?理解できないところが多かった。しかし、多感なお年頃の少年ですから、思いがけない暴走に走ることもあるのかもしれないですけどね・・・。

結局のところ、最後はこうなって良かったけど、一歩間違っていたら登場人物は最悪の終わり方になっていただろう。
冷たく言うと、運が良かっただけの話。

「赦し」と「復讐」・・・考えさせられるテーマでした。
しかし、正直私の心にはあまり響かない映画でした。
こうゆうテーマは答えがありませんものね。
答えが出なくても、生きていかなければなりません。



クロック映画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

一応飛行?

2011/10/23 Sun 17:31

カッコイイロックの飛んでる姿を撮影したくて、連写に挑戦してみましたが、ブレブレで失敗・・・。


それじゃぁ、今度は動画に挑戦!!

しかし・・・今度はロックさんの気分が乗らないようで、なかなか飛んでくれない・・・^^;


難しいもんだなぁ、飛行シーンの撮影って


で、どうにか、撮影した動画↓

飛行シーンとゆうより、飛び移っただけのような感じですが・・・(^^;)

ホントはもうちょっと飛べるんですよ。
「シュッ」と音させてカッコよく飛ぶ瞬間があるのですが・・・それはなかなかお披露目できないようです~。


あまりにもしつこく撮影してたので、御立腹のロックさん。
20111023怒るピギャァ

ごめんよ~。カキカキ・・・
20111023うろたえるピギャァ

そしてまたしてもカキカキで許してしまうロックさんなのでした。
20111023だまされたピギャァ
ロックの動画 | コメント(2) | トラックバック(0)
10月22日、もりおか映画祭2011にて観た劇場映画です。

ヒア アフター - goo 映画

SN3O11020002.jpg

冒頭、津波のシーンがあるとゆうことで、3月の震災後、公開が中止されていたそうです。
そういえば、震災前、さかんとこの映画の宣伝CM見かけていたことを思い出します。震災後そういえば、この映画のCM見かけないなぁと思っていたら公開中止になっていたのですね。
公開中止って、全国的に中止されたのかな?
確かに、凄かったです。冒頭の津波シーン。
リアルでした。
震災前だったら、「おおすげえ迫力」で済んだでしょうが、震災後に見るあの映像は「怖さ」を感じました。
しかしながら、本編は、津波とはまったく関係のないものです。
大津波に飲み込まれ、生死をさまよいながらも生還した女性が、その出来事を乗り越えて生きていくお話です。
今回、もりおか映画祭2011では、震災を克服するとゆうプロセスに重点をおき上映することになったそうです。

お話は、
大津波で生還してから、あの世(?)のビジョンが度々見えるようになった女性と、霊能力者でありながらその能力ゆえに自分らしく生きることが出来ずに苦悩する男性、そして双子の兄を亡くし心を閉ざしてしまった少年・・・その3人を巡るお話です。
本編は、大体それぞれ異なる国で生活する3人のことが描かれていきますが、3人の人生が交錯したとき、新たなる展開が起こります。
3人は、壁にぶつかりながらも、その中で生きる希望を見つけ、再生していきます。
最後のシーンはとてもよい終わり方だと思います。
過去に縛られていた男性が未来への希望を見出だした(と私は解釈したけど)瞬間、嬉しくなりました。
はっきりしない感じの終わり方かもしれないけれど、そこがいい。
クリント・イーストウッドはやはりこうゆうところが上手いよね~。
クロック映画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
実は今週、一週間ほど、鳥さん友達が出張の為インコちゃんを預かっていました。

預かったインコちゃんはウロコインコ!!

ホオミドリアカオウロコの夢羽ちゃんと、
夢羽ちゃん1

アオシンジュウロコの珠々ちゃん
じゅじゅちゃん1

写真の大きさの通り、夢羽ちゃんは人にびびりませんが、珠々ちゃんはあまり人が得意ではないみたいです。
珠々ちゃんは近くにいくとすぐ逃げてしまうのでちょっと遠くから眺めました。

ウロコちゃんは、なんてゆうか、オカメにはない、ラテンのノリが何ともひょうきんで楽しいですね~。

夢羽ちゃん2jpg

頭を上下にフリフリ♪体をケージにスリスリ♪したり、見ていて飽きません^^

夢羽ちゃんは脇の下をカキカキされるのが好きと飼い主さんから聞いてたので、カキカキしたら、羽をパタパタとして嬉しそう(なのかな?)にしていました。
夢羽ちゃん3pg

珠々ちゃんは初日こそ、逃げて隠れてばかりで食事もあまり食べていないのでは・・・?と心配になりましたが、
じゅじゅちゃん2

少しは慣れてきたかな?ご飯を食べてるとこを少し近くで見ても大丈夫になってきました。凄く近寄ると逃げちゃうけど^^;
じゅじゅちゃん3

珠々ちゃんは、スマートで見た目もシュッとしてカッコイイ。
夢羽ちゃんは、ずんぐりむっくりで愛らしいキュートな印象。ですね
夢羽ちゃん5g
どちらもとっても個性的で可愛いわ~。

ちなみに鳴き声は珠々ちゃんが凄く鳴いていました。
ビビリ~だからあまり鳴かないかと思っていましたが、そうではありませんでした。
珠々ちゃんが鳴くのにつられてロックも鳴き、夢羽ちゃんが鳴き、3羽で大合唱になったりしていました。

3羽放鳥はできないので、皆で写真をパチリ。位置が離れすぎてて分かりづらかったかも~^^;(クリックで大きくなります)
20111015 3羽で。

夢羽ちゃんと珠々ちゃんは、本日これからお家へ帰ってゆきます~!
楽しい時間をありがとう(o´∀`o)


ちなみにロックさん、一昨日の夜、ちょっぴり下痢しました。翌日からはきれいになりましたが、もし夢羽ちゃんたちにうつる何かだったら怖いので、部屋を隔てておきました。
で、今日健康診断がてら病院へ。

結果は検便は何も悪いものはなし。触診もOK。

おそらく換羽疲れだろうとのこと。
なんとなくロック1

ウンチがゆるい時にあげるお薬をもらってきました。
あと、ネクトンBIOとかあげるといいですよと教えていただいたので、早速ネットで注文しました。
カキカキ連打ロック1
この長い換羽は、保温のしすぎもあったんですかね~。
あまり保温しすぎると季節感がなくなるから、鳥の体も換羽の終わる時期がよくわからなくなるのかもしれないですね。
徐々に寒さに慣らすように気温を下げとくといいですよと先生に言われました。
ロックのお友達 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »