スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

映画『人間失格』

2010/02/28 Sun 23:17

すっごい久しぶりの映画レビューです。

盛岡フォーラムにて、『人間失格』を観てきました。
TS3I03420002.jpg
言わずと知れた太宰治の小説「人間失格」の映画化。

生田斗真主演の映画。てゆうのにつられて観にいった感じですが・・・。

私は小説は読んでおりませんので、ホントに映画の面でしか、言えませんので。

まず第一の感想は・・・
大庭葉蔵はモテたのね。ってゆう印象。

2時間弱の映画ですから、あまり詰め込めることはできないと思うのだけれど、随分展開が早すぎな気がして、様々な事柄の意味が薄くなってしまってる気がします。
原作の小説を読んでないので何ともいえないのですけど。

会ってすぐに結婚とか、一緒に住んじゃうとか、心の模様が全く分からなくて。。。

でも、俳優陣の演技の素晴らしさが、どうにか映画を成り立たせてる気がします。

生田斗真、かわいいんだけど、この役はもう少し経ってからの方が良かったんじゃないかなぁ・・・。
もう少し脂乗ってからの方が。。。

伊勢谷友介、カッコイイな~。

モテたとゆう印象の他は、芸術家の面について。

芸術家って、凄く破滅的で、弱いものなんですよね。
私は芸術家になりたい人間なので、ちょっと分かる。
自分が凄く危うい人間なんで・・・。

大庭葉蔵も、凄く弱い面のある人間で、酒と女にどんどん溺れていってしまうんですよね。

結局、画家にはなれたのだろうか。。。

なんとゆうか、儚いものなんですよね

こうゆうのって。


観にいった日、私疲れていたので、実は眠気と戦いながら観ていました^^;

そんなせいか、あまり私の心に残る作品とはなりませんでした。

いつか、機会があったら小説を読んでみたいです。


『人間失格』観にいったのに、『オーシャンズ』のグッズを買ってしまいました↓
TS3I034600010001.jpg
だってシロクマの写真あったし~。すっごい綺麗な青なので。。
TS3I035400010001.jpg
TS3I034900010001.jpg
TS3I035000010001.jpg
TS3I035100010001.jpg
TS3I035200010001.jpg
クロック映画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。