スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
7月21日に観た劇場映画です。

メリダとおそろしの森 - goo 映画

SN3O1359.jpg

ピクサー&ディズニーのアニメーション映画。
2Dで鑑賞しました。

内容は、
王家の伝統を重んじる母と、その伝統に縛られず自由に生きたいメリダとの親子愛を描いたお話。といったところでしょうか。。。

王女メリダは上品な振る舞いや堅苦しい伝統が大嫌い。自由奔放に馬を走らせ弓を射るのが毎日の楽しみ。
ある日、自分のお婿さん候補を母に勝手に決められたメリダは、まだ結婚をしたくないと母に反発。
母と喧嘩をして城を飛び出したメリダは森で出会った魔女に「母を変えて欲しい」と頼むのだが・・・。


宣伝文句にあるような「魔法を使ってはならない」とか、「おそろしの森」とか、正直あまり内容とは関係ないです。
そのへんちょっと宣伝の仕方間違ってるんではないかな~?魔法はたいして出てこないし、森もそんなにおそろしくないです。

そのへん除けば、それなりに楽しめる作品ではなかったかと。
全体的なストーリーはシンプルで分かりやすいです。ただ私的にはもうちょっとクライマックスで何か欲しかったな~。
メリダは弓の名手として描かれてるんですが、弓のシーンは最初のほうだけ見ごたえがあったくらいで、もう少し後のほう、運命を切り開く的な感じで描かれればよかったなぁ、なんて思いました。

一番の見所は、メリダと母エレノアの2人で過ごすシーンですね。2人で戯れたり過ごしたり悲しんだりするところ。凄く感情が伝わってきて泣きそうになりました。
あと可愛いなと思ったのが、メリダの三つ子の弟たち。悪ガキなところがまた可愛かった。


一番気になっていた、声優ですが、思ってたほど悪くはなかったです。
レビューなど見てると、AKB大島優子の下手っぷりがどうとか書かれてましたが、私はそれほど気にならなかったです。滑舌は悪かったけど、声の雰囲気が良くメリダに合ってたと思います。


本編の始まる前、
『ニセものバズがやってきた』と、『月と少年』とゆう短編アニメーションも上映されました。
こちらもなかなかの見ごたえありました。
トイストーリーならではの面白さ、ブレません。ちっちゃいバズ可愛い~。
『月と~』も、素敵な映像美で凄く良かった。

『メリダ~』もそうですが、映像と迫力がなかなかのもんですね~。
あまりアニメ観ないほうでしたが、最近テレビで『トイ・ストーリー3』観て、やっぱピクサーすげ~とか思いました。
来月は『マダガスカル3』を観に行きます。(こちらはドリームワークスですけど)
9月に気になるアニメ映画も公開するし、最近の私はアニメにハマっちゃってるようです^^;
クロック映画レビュー | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。