スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013映画レビュー第2段

2013/12/29 Sun 20:00



DVD『スラムドッグ$ミリオネア』2013/04/07

クイズで次々と正解していく青年の、生い立ちや運命を描いたインドを舞台にした映画。
ダニー・ボイル監督作品。

最初の始まり方はダニー・ボイルならではのスタイリッシュな映像でしたね。
でも、私はそれくらいしか印象に残りませんでした。
主人公の生い立ちや、愛する女性のことなど、実際のインドも大変なんだろうなとは思いますが、映画のストーリーとしてはグッとくるものがなかった。

映画館で観ればまた違ったのかもしれないな。

★★☆☆☆




映画『シュガーラッシュ』2013/04/20


ゲームセンターの閉店後、人間達の姿がなくなると、ゲームキャラクターたちは動き始める……。
ゲームの裏側の世界を描いたディズニー作品。

自分のゲームでは悪役ばかりで嫌気がさしてるラルフと、シュガー・ラッシュとゆうレースゲームでブログラム不具合のため出場できない少女ヴァネロペの友情を描いた冒険ファンタジー。

感想は…
私は、ダメでした。
主役二人のキャラクターに魅力を感じない。二人とも自分勝手で意地悪ばかりして共感できなかった。

良かった点は、ストーリーの設定が斬新。悪役(ラルフではなく)がまさかあれとは!
あとアウル・シティーの主題歌が良かった。

★★☆☆☆




映画『パンズ・ラビリンス』2013/04/21

内戦下を舞台に、迷宮への入り口を見つけた少女の試練と、それを乗り越え成長する姿を描くダークファンタジー。

ただのファンタジーと侮るなかれ、なかなか上質なファンタジーです。
内戦の怖さも描かれ、それとは逆のファンタジー要素。バランスが良い。
映像もなかなか。ラストが圧巻。

★★★☆☆




DVD『ソーシャル・ネットワーク』2013/05/19

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグをモデルにFacebook誕生の裏側を描いてる。

アンドリュー・ガーフィールド演じる、主人公の友達エドゥアルドが一番印象的。
頑張って自分を大物と見せようとする姿がなんだかいじらしくてほっとけない(笑)

一番重要な主人公の心情がいまいち伝わらなかったけど。

ジャスティン・ティンバーレイクの顔はやっばり好みじゃないわ~、甘ったるすぎる。

話は全体的によくまとまってた。
音楽や、どうなるんだろう?ってドキドキ感があって、観ていて引き込まれました。
どこまでが真実なのかね…

★★★☆☆




映画『魔女と呼ばれた少女』2013/05/25

アフリカの少年兵をテーマにしたお話。

反政府軍に拉致された少女が、亡霊を見えるようになったことから戦いに勝利するようになる。しかし、自らの命の危機も感じ始めて…。

社会派な面と、神話的な面がある映画でした。果たして主人公のコモナは幸せになれるのか?が見所

★★★☆☆




映画『偽りなき者』2013/06/02

無実の罪と闘う男の姿を描いたデンマークのヒューマンドラマ映画。

幼稚園で働くルーカスは、園児の1人クララの嘘から、幼児虐待の疑惑を持たれてしまう。それまで優しかった街中の人々の態度は一変する。たった1つの嘘が、ルーカスの人生をメチャクチャにしてしまった…。

何とも見てられない映画でした。
クララー!なんであんなこと言ったのー!
なんで友達信じてくれないのー!
とか…。
でも信じてくれる人も少しいてくれたのは救い。息子もずっとルーカスのこと信じてくれたのがいじらしくていい子だったな。
ただ、クララや、その親の立場になったら本当に責められるかな…。なんだか気持ちが分からなくもない。

これは、他人事じゃない、本当に現実に起こりそうなお話でした。電車の痴漢冤罪とか、そうゆうのに似てるかも。
かなり心に訴えるものがある映画でした。
最後のシーンは衝撃とゆうかなんとゆうか…誰かと論じたいな~。

★★★★☆




映画『いわさきちひろ ~27歳の旅立ち~』2013/06/15


絵本作家いわさきちひろの波乱万丈な人生を、27歳の旅立ちを中心に描いてる映画。

いわさきちひろとゆう人は、あの可愛らしい子供の絵からは想像できないほど、強くたくましい女性だったんだなと感じました。

★★★☆☆




DVD『川の底からこんにちは』2013/06/16


日本映画。ヒューマン映画。

東京で仕事も恋も失敗続きの佐和子。父親が病気で倒れたことをきっかけに、実家に帰りシジミ加工工場を継ぐことに……。

満島ひかりのネガティブキャラがいい味だしてた。全体的にまとまってて良かったが、工場のおばさんたちの反応がありきたりでつまらない。展開が読める。
あと下品、下ネタ多すぎ。

出演者の演技の上手さでもってる。

★★☆☆☆




DVD『ぼくのエリ 200歳の少女』2013/06/23

いじめられっ子の少年オスカーと、吸血鬼のエリとの淡い恋物語。

冬の厳しい寒さ、真っ白な肌のオスカーなど、北欧の雰囲気が作品と調和していた。
ヴァンパイア映画なだけに結構ショッキングな場面もあるけど、全体的に淡々と進むお話。
重要なシーンもあったようだが私は眠気で見落としていたようだ…。

★★★☆☆




DVD『ラスト3デイズ』2013/06/30

フランスのサスペンス映画。
冤罪で捕まった妻を脱獄させるために奔走する男の話。

てっきり真犯人を捕まえるのかと思いきやそうではなかった。脱獄計画まではなんかあまり引き込まれなかったけど、中盤あたりからハラハラドキドキして面白かった。
フランスぽい雰囲気も全体的に良い

★★★☆☆
クロック映画レビュー | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。