スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

映画『終身犯』

2007/11/20 Tue 20:00

コチラは今年TVで観た映画のひとつ。
フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィ
終身犯 終身犯
バート・ランカスター、カール・マルデン 他 (2006/11/24)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

実在の犯罪者ロバート・ストラウドの、50年以上もの間の獄中生活を描いた作品。
人付き合いが苦手でかっとなる性格のストラウドは、殺人を犯して終身刑となってしまう。
刑務所内でも素行が悪い為、ずっと一人で孤独な独房生活を送っていた。そんなある嵐の日、一人で運動場を散歩していると傷ついたスズメの雛を拾う。
それがきっかけでストラウドは小鳥の飼育や繁殖にのめり込み、ついには小鳥の生態の研究も始め病気の治療法まで発見し、鳥類学の権威にまで登りつめる。

主人公のストラウドの、はじめの頃のギスギスした表情から、小鳥を育てていくとともに和らいでいく表情がステキでした。
スズメが、靴下を巻いたところにチョコンと頭を出して座っている様子や、オモチャのリヤカーを引く姿が凄く可愛かったですハート
あと、カナリヤが卵から孵化する瞬間が感動物でした。ガンバレ!あともう少し!!っと心の中で応援しました。

鳥好きの私にはたまらないシーンがたくさんでしたが、後半では、囚人の扱いについて疑問を持ったストラウドが刑務所改善についての論文を執筆し、人間の尊厳について考えさせられました。
更生の意味、初めて知りました。
ただ、もうちょっとストラウドのことを詳しく描いて欲しかったかなあ。
ストラウドの気持ちが分かりづらくて入り込めないとこがありましたので。

フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィルム@フィ
ランキング参加中です。
にほんブログ村 映画ブログへ
クロック映画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。